other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

農民芸術概論

¥2,200 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

"いまわれらにはただ労働が 生存があるばかりである 宗教は疲れて近代科学に置換され然も科学は冷く暗い 芸術はいまわれらを離れ然もわびしく堕落した" (農民芸術概論綱要より) 土と宇宙とをつなぐ壮大なスケールで書かれた宮沢賢治による至高の芸術論『農民芸術概論綱要』。本書では本論に加え、「農民芸術」の名を冠する他2編を収録。また、「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」で知られる通称「雨ニモマケズ手帖」に収められた詩編や、賢治の最晩年、病床に伏しながら書かれたと言われる「疾中」を採録。そして生前未発表の詩作集「詩ノート」より撰集した数編のほか、学生に向けた鼓舞激励のメッセージ「生徒諸君に寄せる」を収めた。計60超の詩編を採録。装画は奄美大島在住の絵本作家、ミロコマチコ。味わいのあるリトルプレス『mahora』を刊行する八燿堂が立ち上げた新たなブックレーベルからのリリース。