優雅な生活が最高の復讐である
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

優雅な生活が最高の復讐である

¥4,500 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

哀しいことやつらいことから目を背けるのではなく、あくまで生きる態度として不幸に呑まれまいとすることが「優雅さ」である。その優雅さを保ち続けるということはたぶん少しずつじぶんのなかの何かが死んでしまうということなのではないだろうか。 フィッツジェラルドが憧れ、短編「夜はやさし」のモデルになったという画家のジェラルド・マーフィーとセーラ夫妻も、そのように自己の内なる何かを殺しながら優雅さや快適さに重点を置いて暮らした人間たちであった。ヘミングウェイやピカソ、レジェやコール・ポーターたちとの交流のなかで描かれる彼らの波乱に富んだ人生は、運命の残酷さや人間の誠実な営みとは何かを我々に教えてくれる。カルヴィン・トムキンズのこの160ページ足らずの薄くて小さな本のことを思い出すとき、この本の最後に置かれたレジェの言葉が今でもまざまざとよみがえり、ぼくはふと立ち止まり、ぼくはいまどちらだろうかとじぶんの生き方を見つめ直してみるのだ。 ”快適な生活とひどい仕事、ひどい生活と美しい仕事、どっちかだよ”。 パラフィン装・古書として問題のないコンディションです。 (1984年・リブロポート)