new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

Chantal Akerman Passages

13,000円

送料についてはこちら

ジェンダー的役割、流浪、時間の経過。平凡な主婦、孤独な女、家父長制。 自らの内面や女性の生活環境を深く見つめる撮影手法によって、さまざまな映画の形態を探求し続けたベルギーの映画監督シャンタル・アケルマン。 2020年、オランダの〈Eye Film Museum〉で開催されたシャンタル・アケルマンの大規模回顧展では、90年代に制作された『D'Est』に加え、『a.o. Woman Sitting after a Killing』(2001年)、『Tombée de nuit sur Shanghai』(2007-2008年)、そして彼女の最後の作品『NOW』(2015年)を加えた8つの映像インスタレーションが上映されました。 この回顧展図録ではシャンタル・アケルマン自身によるテキストに加え、シリル・ベギン、ダナ・リンセン、ルース・ファン・デル・リントによるエッセイと、豊富な写真図版を収録。古書のため表紙スレあり。 (2020年・Eye Filmmuseum)

セール中のアイテム