other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

デレク・ジャーマンの庭

4,180円

送料についてはこちら

「ハワードはキリンのよう。穏やかで優しい。蹄ではなくデリケートな手を持つ。草花を愛するその手を借り、私は楽園作りを続けた」 (デレク・ジャーマン) 1987年、イギリス南東の海辺の町、ダンジェネスにやってきた映像作家デレク・ジャーマン。原子力発電所のある最果ての土地でHIVに蝕まれながら 、廃屋を〈プロスペクト・コテージ〉と名付け、草花を育て暮らした。 写真家ハワード・スーリーの美しい写真とともに綴られる、デレク・ジャーマンの穏やかな日々と、絶望から見据えた未来。庭や植物、友人たちや恋人たち、自身の病と死。生前最後のフォトエッセイが待望の新訳復刊。 (2024年・創元社)

セール中のアイテム