new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

Popeye and Olive

残り3点

5,500円

送料についてはこちら

イラストレーター、グラフィック・デザイナー、グラフィック・ノベル・アーティストとして活躍するリチャード・マグワイアが2000年代に試みた、絵画による瞑想。 何の意図もなく、延々と紙の上で造形を続けるうちに浮かび上がった、漫画家エルジー・クリスラー・シーガーによるアメリカン・コミックのキャラクター「ポパイ」。ポパイの象徴である筋肉・パイプ・帽子がオブジェクトの骨子となり、浮かび上がるマスキュリニティ。オリーブとのジェンダー性を対比させながらシェイプは不思議な相反を繰り返し、抽象的なラブストーリーが生まれました。 2001年にエディシオン・コルネリウスからスクリーン印刷で200部出版された、リチャード・マグワイアの『Popeye and Olive』がフランスのパブリッシャー〈fotokino〉からダイレクトトーンオフセット版でこの度復刻。 ロバート・アルトマン版『ポパイ』のオープニング・シークエンスで使われてほしい、言葉のないラブ・ストーリーの形。 (2023年・fotokino)

セール中のアイテム