new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

よるべない100人のそばに居る

残り1点

1,620円

送料についてはこちら

住まいや仕事、身寄りなどを失った「ないない尽くし」の人が、即日入所できる最後のセーフティーネットと呼ばれる施設「救護施設」。 大学を卒業し、滋賀県の救護施設で働くことになった「ぼく」が出会う、元ホームレスや記憶喪失の男性、自死を思いとどまった女性に国籍を失った外国人などさまざまなバックグラウンドを持った人びと。入所者との交流から見えてくるケアの現場と社会の歪み、そして生きることの「向こう側」の世界。 (2023年・河出書房新社)

セール中のアイテム