other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

じゃむパンの日

残り3点

1,980円

送料についてはこちら

とんとんと誰かかがノックする。返事をする。 「入ってます」 お便所みたい。給湯室が狭くて、ひとりしか入れない。あなた、わたし戻るわ。工場長はとても怖い人なの。葉巻はいつもハバナなの。急いでフォークを洗う。 ドアの外で同僚が待っていた。 「遅いやん」 ポーレチケ踊っててん。 (「じゃむパンの日」) 「ええか、言うぞ。『右折』、言うぞ。五・四・三・二・一!右折!」 ふんっ!左折しそうになる。教官がハンドルを右に回す。 「なんで、わし、お前とジャスコ行かなあかんねん」 ここで左折したらジャスコだ。今日はいちごが安い。 (「安全運転」) 唐突な変調とあっと驚くような帰結。行間を漂う不思議なグルーヴとほっこりするような方言からのささやかな毒。そしてほころぶような笑い。 2017年に夭折した芥川賞作家によるユーモラスで宇宙的な文体をじっくり味わえるエッセイ55篇。惜しむらくは二度と新作が読めないことか。 (2022年・palm books)

セール中のアイテム