ポール・トーマス・アンダーソン ザ・マスターワークス
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ポール・トーマス・アンダーソン ザ・マスターワークス

残り1点

¥4,950 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

いまいちばん首を長くして待っている映画はPTAの新作『Soggy Bottom』(ワーキングタイトルらしい)だ。1970年代の、それもサンフェルナンド・バレーを舞台にした青春ドラマ、と聞いたら悪いわけがない。それにしてもPTAは執拗に1970年代を、しかもLAのサンフェルナンド・バレーを描く。もちろん彼の出自もかの地で、そこがルーツということもあるのだろうが、『ザ・マスター』や『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のオーソン・ウェルズの如き大作感よりも、『ブギーナイツ』に『マグノリア』、それに『パンチドランク・ラブ』のあのポップで乾いたLAの風景こそがいちばんPTAらしい気がする。 日本未公開デビュー作『ハードエイト』から現時点での最新作『ファントム・スレッド』まで。スチール、描き下ろしイラスト、映画ポスターなど豊富なビジュアル300点や、撮影監督や編集技師、衣装デザイナーほか、アンダーソンの共同制作者たちのインタビューも収めた豪華決定版。序文が『アンカット・ダイヤモンド』のジョシュ&ベニー・サフディ兄弟というのもいい。 (2021年・DU BOOKS)