櫻画報永久保存版
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

櫻画報永久保存版

¥6,000 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

今の学生たちにはピンとこないだろうが、昔は学生運動というものがあって特に大学生たちが学園の自治やベトナム戦争反対を求めてデモに明け暮れていた訳です。様々な思想や派閥のあった学生たちの中でも本当に純粋にイデオロギーに心酔し運動に参加していた若者たち以外に、単に革命や暴動への憧れや興味本位だけで参加していた野次馬学生たちも多くいて、そんな学生たちを皮肉った赤瀬川原平の漫画『櫻画報』(つまり櫻=サクラ、という意味ね)は、「朝日ジャーナル」誌面で連載が始まるとたちまち話題になりました。そのうち、朝日ジャーナル誌本体が櫻画報のための包み紙である、と言い出したり、朝日新聞社をアカ(極左)と揶揄するような表現で自主回収 事件に発展したりと、とてつもなくラディカルでありながら、赤瀬川なりのパロディ・ジャーナリズムを追求した漫画でした。 その櫻画報は『ガロ』や『現代の眼』など雑誌を転々とし、数冊の単行本を残しましたが、この『櫻画報永久保存版』は1971年に出版された初の単行本。アートとジャーナリズムが奇跡的に融合した傑作漫画。この機会にお見逃しなく。函経年ヨレ・ヤケ。オビヤブレあり。 (1971年・青林堂 桜画報社)