世界中がピーターパン
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

世界中がピーターパン

¥2,500 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

池の前で鴨に餌を与える子どもたち、ピカソの絵の前でポーズを取る男の子、駅の停車場で疲れ果てて母親と眠る女の子。 肌の色や言語、生活習慣や宗教観を超えた先にある、子どもたちだけの国、 現代のピーターパンを求めて、フォトジャーナリストの小林正典がアジア、ヨーロッパを移動しながら捉えた世界の子どもたちの生き生きとした姿。児童文学作家今江祥智のエッセイ『黒いピーターパン』を後半に収録。 カバー上部ヨレあり。他は比較的綺麗な状態です。 (1979年・サンブライト出版)