平野威馬雄  陰者の告白
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

平野威馬雄  陰者の告白

¥4,000 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

「この、誰もしらない、従って、誰にも明かさなかった、かなしい、いまわしい十数年の空白を、ぼくは今、静かに反芻してみる」。幾度も筆を取り、その度に筆を捨ててきたが、「どの程度まで、ほんとうのことを書けるか」、「一寸自信がない」ものの、やはりあの日々を振り返らねばならない。 * 平野レミの父親であり、フランス文学者・平野威馬雄が15年もの間薬物中毒に苦しんだ壮絶な体験と様々な悲劇の数々。娘婿である和田誠のドラッギーでシュールな挿画、装幀が最高。函スミに一部ヤブレあり。他は古書として綺麗な状態です。 (1975年/初版・話の特集)