new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Sunny Side

¥1,980 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

文章に必要なものとはなんだろう。人になにか伝えたいことがあって、その思いを言葉に認めるのにいったいどんなことが必要なのだろうか。ギミックやルールを守ること、論理的な言い回しや流麗な表現だろうか。けっきょくのところ、感銘を受ける文章というのはその人の誠実さがそこに表れているか、ということに尽きるのではないだろうか。心からの文章というのは小手先のテクニックも、修練もいらない。ただその人のまっすぐな思いがそこに乗せられていれば、その文章はキラキラと輝き、誰かの手から手へ伝わっていくものなのだろうと思う。楽観主義者だとあなたは言うかもしれない。でも、ぼくはそんなゆるやかな希望を信じたい。 由比ヶ浜海岸の目の前にあった「BORN FREE WORKS」というギャラリーを営んでいた小鳥美茂さんが書いたこの小さな本を読み終えた時、ぼくの目の前には永井宏さんの作品が偶然並んでいて、(お会いする事は叶わなかったけれど)永井さんが繋いでくれた不思議な縁に心から感謝した。永井さんを慕い、永井さんから影響を受けた人たちのまるで波乗りのような人生を読む。美しいことも、恥ずかしいことも、ざらざらするような感情も、それでも生きていこうとする強い意志も、すべてこの一冊のなかに詰まっている。 由比ヶ浜を一望できるギャラリー「BORN FREE WORKS」を突然引き継ぐことになったタイパンツ作家である著者。運営の難しさに苦しみながらも、友人たち、作家たちと過ごした贈りもののような日々の四年間の記録。写真家・杉江篤志が撮影したギャラリーを慈しむような美しい写真も収録。 (2021年・BEACH BOOK STORE)