new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

センダックの世界

¥7,000 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

児童文学批評家セルマ・G・レインズによる、絵本作家の鬼才モーリス・センダックのすべて。病弱で母親のいる台所が遊び場だったというセンダック。幼年時代のそうした閉塞的な生活が『かいじゅうたちのいるところ』や『まよなかのだいどころ』などの箱庭的世界観を作り上げ、彼のイマジネーションを磨き上げた事。玩具店で働きながら夜間部のアートスクールに通い、イラストトレーターとして開花するまで。彼の数多くの著作も含め、生い立ちから私生活まで豊富な図版とともに総括できる、ファン垂涎の大型本。 函付き、本文中に一部シミがあるくらいで比較的綺麗な状態です。 ( 1981年・岩波書店)