new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

言葉と衣服

¥1,980 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

わたしたちの身体を基体として、衣服はわれわれを拡張させる装置である。その装置にデザインが付与され、価値が与えられ、値段の多寡が生じる。 ファッションや衣服を観念的や抽象的にではなく、より明確にファッションを批評できるよう体系的に、言葉によるインフラ整備をしようという試み。 京都精華大学准教授・蘆田裕史がはじめた、ファッションをめぐる思考とその新たな試みのすべて。印象的な題字を画家・絵本作家ヒグチユウコが、ブックデザインを和久井直子が担当。 (2021年・アダチプレス)