new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

話しながら考える

¥3,800 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

考えることのたのしみ。 随想を広げ、まるで大きな海原のような思考のなかにどっぷり浸ることもいいが、毎日を送るなかでの小さな思索のなかにこそ、確かな気づきが隠されている。野を歩き、手紙や日記をしたため、時には旅に出て、歌舞伎や映画を観ては、何かに気づく。矢内原伊作が教えてくれるのは考えることの楽しさだ。美本。 (1986年・みすず書房)