ウォーク・ドント・ラン
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ウォーク・ドント・ラン

¥5,500 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

仙台に住む友人が何かにつけてこの本を相場よりも安く手に入れたことを自慢するから、いつも妬ましい気持ちで彼のインタグラムのポストを眺めていた。いつか自分もと思いながら、町の古本屋の軒先やブックオフの100円コーナーから発掘する自分を夢想するがついぞそんな日は訪れず、ついに自分がこの本を売る側に回ってしまった。この本を購入された方はぼくの友人のように、ぜひ相場より安価で手に入れることができた、と自慢してほしい。わりと良心的な価格だと思うのです。 まだ国分寺でジャズ喫茶「ピーターキャット」を経営していた頃の村上春樹と新進気鋭の小説家として華々しくデビューした村上龍が鼻息荒く語り合う、小説から酒、セックス、音楽、そして人生。 帯付き・コンディションは全体的に良好です。 (1988年・第12刷・講談社)