地球の家を保つには エコロジーと精神革命
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

地球の家を保つには エコロジーと精神革命

¥5,000 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

人間性。テクノロジー。太古の生活。近代化。野生との共生。 すべてはひとりの人間の思索からはじまったことがいつしか共同体となり、そして円環の輪はやがて閉じられ、個々の生活と家族の問題になる。 ゲーリー・スナイダーが20代から30代、すなわち1950代から60年代にかけて木こりや山林監視員、水夫や日本の禅寺などさまざまな職業や場所で詩作にはげみ、考えぬいた論文を集めた集大成的一冊。 (1975年・社会思想社)