あいたくてききたくて旅にでる
new
5e2958b6cf327f1a6aff84da 5e2958b6cf327f1a6aff84da 5e2958b6cf327f1a6aff84da 5e2958b6cf327f1a6aff84da 5e2958b6cf327f1a6aff84da 5e2958b6cf327f1a6aff84da

あいたくてききたくて旅にでる

¥2,970 税込

送料についてはこちら

ものがたりはどこに行くのだろう。もう聞こえなくなったあの声。おもしろくもはかない語り部の声からのっそりと聞こえてくる、近代社会が見ようともしなかった山間部や海辺の部落に暮らすものたちの、閉塞した日常を吹き飛ばすような"民衆"の"話"。いま彼らに光が当たるのは、われわれが深い闇のなかにいるからに他ならない。立ち上がるのも億劫になるくらい退廃しきった政治と社会の不安定さの上に、いまぼくらはぼくらの民話を、語り継いでいく時なのかもしれない。 * 東北で50年にわたり、一軒一軒の戸を叩きながら「民話」を乞うてきた民話採訪者・小野和子初の単著。この民衆の歴史にうもれた物語の群れに、ことばも出ない。 映画監督・濱口竜介(「寝ても覚めても」)、アーティスト・瀬尾夏美(アーティスト)、写真家・志賀理江子が寄稿。 (2020年・PUMPQUAKES)