永井宏 散文集 サンライト
new
5d8d9ccc5b61b4485eb0e0b5

永井宏 散文集 サンライト

残り2点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

モラトリアムな空気のなかでいつも夢をみていた。 公園に寝そべり、陽の光を浴びながら文庫本を読んで、本を読むのに疲れると喫茶店でコーヒーを飲んだ。夜にはレコードを聴いて、またやってくる明日をそっと待っていた。 そんな人生の一時期はいまも輝いていて、永遠なのだと強く思う。 永井宏さんの文章にはあの頃の無為な日々の、何となしに暮らしていた生活に差し込んだ陽の光がいつもよぎるのだ。秋晴れの日。公園に寝転んでこの本をゆっくりともう一度読もうと思う。 ✴︎ 雑誌「BRUTUS」の編集者でありながら、 美術作家であり、会社勤めを早くして辞めたあとは、海辺の町に小さなギャラリ ーをはじめて、たくさんの若い人たちに表現とものづくりを勧めた人永井宏初のアンソロジー。 (2019年・夏葉社)