VOSTOK 創刊号
new
5ca59ddc2c1c5143191d3557 5ca59ddc2c1c5143191d3557 5ca59ddc2c1c5143191d3557 5ca59ddc2c1c5143191d3557 5ca59ddc2c1c5143191d3557

VOSTOK 創刊号

残り3点

¥1,620 税込

送料についてはこちら

この春、一冊の雑誌が創刊された。 「HUgE」「Them magazine」で経験を積んだ大城壮平さんの季刊誌「VOSTOK」の事だ。 "VOSTOK"とはガガーリンを乗せた宇宙船の名前。いまコマーシャリズムに流されない本物の雑誌を作ることは60年代に月に行くことくらい困難なのでは、という着想から決まったタイトルらしい。奥山由之が撮るサンローラン、ホンマタカシが撮る8人のモデルたち。ジョナス・メカスへの追悼エッセイ、エイミー・ボナフォンズの短編小説、若林恵のコラムなど読み物も一本筋が通っていて、このひとは本気だ、という気迫がビシバシ伝わってくる。 (2019年・CHIASMA)