寺山修司幻想写真館 犬神家の人々
new
5ac72335122a7d6fbd00089c 5ac72335122a7d6fbd00089c 5ac72335122a7d6fbd00089c 5ac72335122a7d6fbd00089c 5ac72335122a7d6fbd00089c

寺山修司幻想写真館 犬神家の人々

残り1点

¥10,800 税込

送料についてはこちら

1973年、それまで森山大道、立木義浩、篠山紀信、沢渡朔、鋤田正義、須田一政らと写真や映画のコラボレーションを続けていた寺山修司は、突然カメラマンになろうと決意し、「アラーキー」こと荒木経惟に弟子入りをしました。寺山修司が表現する写真は、日常の中から真実を切り取る作業ではなく、限りなく嘘の世界を創り込むことで生まれます。例えば、外国の古道具屋で売られていた古い絵葉書に自分で撮った写真をハガキ大の印画紙に焼き付けて退色させ、不思議な手紙文や世界中から集めてきた切手を貼り、よごれやシミまでもシルクスクリーンで印刷。特注のスタンプを押し、偽絵葉書を作成するなどを試みました。写真表現の成果として、1974年にギャルリーワタリ(現:ワタリウム)で、初の写真展「寺山修司幻想写真館 犬神家の人々」を開催。偽絵葉書シリーズは、東京ビエンナーレにも出品されました。今回の復刻版で底本となる『犬神家の人々』は、1975年に読売新聞社より発表され、フランスの写真雑誌「ZOOM」にも特集記事が掲載されるなど、大きな反響を呼んだものです。摩訶不思議で奇妙なテラヤマワールドをぜひお楽しみ下さい。 (2017年・復刊ドットコム・新書)