デニス・アーバーグ ジョン・ミリアス  ビッグ・ウエンズデー
5a277a65ed05e6237f0014fe

デニス・アーバーグ ジョン・ミリアス  ビッグ・ウエンズデー

残り1点

¥2,200 税込

送料についてはこちら

生きていく意味を少しずつ知ることが大人になることだというのなら、大人になることは少しずつ死んでゆくことだ。 だが友情だけは特別でそれぞれの生活や家庭や人生があろうと、男たちには戻るべき場所があり、そこにはいつも往年の寛ぎや誠実さがある。 人生を前に進めていくための礎のようなもの。それが友情なのかもしれない。 1978年に公開された「ビッグ・ウェンズデー」は断じて言うが、サーフィン映画ではない。 アメリカの光と影をくぐり抜けた男たちの成長と友情の映画だ。 ハリウッドの反逆児、ジョン・ミリアスが書いた脚本はいつまでも輝きを失わない。 単なる映画のノベライズ本にあらず。 片岡義男のバタ臭い翻訳でぜひどうぞ。 (1983年・角川文庫・2刷)